Spirit[創業の精神]

“夢“いつかそれは実現できる。
その“可能性”は環境にある。
環境は人を変え
人は環境を変え“夢”と“可能性”を与える。
“夢“と“可能性”に満ちた環境を創ろう!
混沌とした世界に
天国のようなすてきな環境を創ろう!
そして“夢”と“可能性”の光を
広(弘)く照らし与えよう!
いつか
その恩恵を受ける時があるとすれば
きっと
それは生きる源になるのだから。
2006年6月

Philosophy[存在目的]

世界に夢と可能性を
音楽で出来るコト、
私たちに出来るコトを。

Mission[使命]

良い曲、心が温かくなるような曲に出会った時
その曲によって人間が変わることがある。
つまり、曲が、音楽が人間を変えることが出来る。
良い方へ変える、一段階上の人間に心がアップさせるような
曲、音楽、それが芸術というもの。

そんな音楽を楽しめる場所を増やし
音楽をする人を増やせば
きっとすばらしい世界になる。

音楽で少しでも世界が平和になることを願い
地域格差がないすてきな音楽環境を創る
そして、次の世代に何を残し、何を残せるか
それが、私たちの永遠に続くミッションです。

RS事業部 | RH/ER事業部 | CIT事業部

Agenda[指針]

1、夢があればもっと楽しい。

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし。
計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。
〈吉田松陰〉

心に明るい未来を描いて
純粋で明確な夢があれば、人生はもっと楽しい。
もし、夢が描けないなら、自分以外の人のために
という純粋な心が、きっと夢に変わる。

2、未来進行形でいこう。

今の自分の知識・経験・状況で
「出来るか?出来ないか?」を決めることなく
本来、自分に秘めている無限の能力を信じて
未来に向けて大志を抱けば
理想を超えるコトが必ず起こります。

3、積極的でいこう。

失敗は成功のもと、ホームラン王は三振王
挑戦は、多くの失敗を学び
素晴らしい自信と想像を超えた喜びを生みます。
さぁ、まずはやってみよう積極的に。

挑戦し続けて成功した人◎
挑戦して失敗した人○
挑戦せずに成功した人△
何もせずに失敗した人×

Policy[方針]

経営の3カ条

1、インスピレーション経営

正しい判断を邪魔するのが、潜在意識の中にある記憶です。
悪い記憶はトラウマとなり、良い記憶は執着を生み
過去の記憶の再生による「記憶の経営」に陥ってしまいます。
本来、秘めている能力を発揮するためには
その記憶を手放しゼロの状態にして
天の理からのメッセージであるインスピレーションを受け入れ
物事を自然の流れにし、心に平和を取り戻して
正しい判断で経営をしていきます。

2、共生・中立・永続する経営

人類が際限のない欲望を原動力とした
便利で豊かな生活を望み続けてしまうと
近い将来、地球(自然)の許容範囲に達してしまうため
第一に自然と共生し、第二に音楽を取り巻くすべての人たちと
共に生きていけるような共生の関係を築きたい。
但し、互いになれ合い、甘え合って生きていく
という関係ではなく、大善の考え方に基づいた共生関係です。
そして、差別や偏見がなく公平で「中立」的な立場で調和することで
企業の存在目的と使命を「永続」できる経営をしていきます。

3、シンプルでベストコストな経営

つい、ものごとを複雑に考えがちですが
本質をとらえるためには、複雑だったものごとを
単純に、シンプルにすればするほど
本来の姿に、真理に近づいていきます。
また、様々なコストは「●●過ぎる」ことがなく
それ相応なベストな経営を心がけていきます。

リーダーの10カ条

はじめに

ボスは部下を追い立てる、リーダーは人を導く。
ボスは権威に頼る、リーダーは志・善意に頼る。
ボスは恐怖を吹き込む、リーダーは熱意を吹き込む。
ボスは私という、リーダーはわれわれという。
ボスは時間通りに来いと言う、リーダーは時間前にやってくる。
ボスは失敗の責任を追わせる、リーダーは黙って失敗を処理する。
ボスはやり方を胸に秘める、リーダーはやり方を具体的に教える。
ボスは仕事を苦役に変える、リーダーは仕事をゲームに変える。
ボスはやれと言う、リーダーはやろうと言う。

1、企業理念の共有・共炎・伝承する。

メンバーに企業の存在目的と使命を
何度も何度も熱く語り
目的(目標)と使命を共有させ、心に火をつけ
メンバーに伝えていくこと。
創業の原点を見失ってしまうと
企業の命は尽きてしまいます。
迷いがある時、驕りそうな時
初心を忘れることなくがないように。

2、「親の背中」となる。

マニュアルを見ながらの業務は現実的ではありません。
日々の細かな業務、ちょっとしたお客様へのおもてなしなど
実務で覚え、習慣化していくことで本物になっていきます。
一番シンプルで理想的な方法は
小さな子どもが親の背中を見ながらそれをマネることです。
但し、良いところばかりをマネするわけではありません。
自分に都合のよいところ、楽なところもマネをしてしまいます。
いつもそのことを肝に命じて
すばらしい見本になるように
自らを磨いて率先垂範することが必要です。

3、仕組みで罪人をつくらない。

人は誰しも単純なミスを起こすことがあります。
つい魔が差したように不正を行ってしまうかもしれません。
罪は些細なこと、少額なことから始まります。
これはマネジメントの責任、会社の責任です。
不正をしようと思ってもできない
人を罪人にするがない「仕組み」を創ります。

4、自主的(マニュアル最低限)・自立的(任せる)・協調的(全員参加)に。

人間の可能性と長所を信じて
決め過ぎない、教え過ぎないで
「すき間」をつくること。
一人ひとりに任せ
考える力と自立心を育み
小さなお祭りを創り
参加意識と協調性を高めます。

5、小さな達成感をたくさん創る。

小さなお祭りごとをつくりやり遂げることで
小さな達成感を繰り返す中で
自信と挑戦する心が生まれます。
そして、チームであれば
最高のチームワークが生まれます。

6、売上最大・経費最小で採算を合わせる。

売上が多くなれば経費も増えていくという思い込みや
「これくらいはいいだろう」とか、
「何もここまでケチケチしなくても」というように
経費に対する感覚が甘くなります。
売上を少しでも増やし、経費を少しでも減らすことを必死に工夫して
しっかり採算を合わせることで
メンバーの生活向上と事業の永続が可能になります。

7、捨てない・寝かさない。

備品の在庫が多いと、無駄な使い方をしたり
粗末にしたり、劣化し廃棄することになります。
また、故障・不具合が発生した場合は
すぐに廃棄せず、修理できないか?
部品取りや再利用できないか?などと考え
大量消費・大量廃棄の悪循環を断ち切り
地球と共生させることを第一に考え
その月の販売数量と適正在庫数量を厳守し
その月に必要な分だけ購入します。

8、値決めは経営。

販売価格は、原価+利益=売値ではなく
四方(お客様・社会・従業員・会社)にとって良い価格
お客様が買っていただける一番高い価格
市場で通用する最高の価格で
その一点を見極める調査、感覚、コストダウンなど
値決めには経営の能力と責任が必要です。

9、小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり。

人間関係の基本は、愛情をもって接することにありますが
例えば、上司が自分の考えをまげても
部下の意に従おうという優しさは
一見、愛情深いように見えますが
結果として、部下をダメにしてしまいます。
このような表面的な愛情は、結果的に相手を不幸にし
これを小善といいます。
それに対して、信念をもって指導する上司は
時として厳しく情け容赦のない態度(非情)と
誤解されることがありますが
長い目で見れば部下を大きく成長させることになります。
本気で相手のことを考えて行う善行
これを大善といいます。
真の愛情とは、どうあることが相手にとって本当に良いのかを見極めます。

10、身分相応に、さらに努力を。

先輩になったり、上司になったり、成功を収めたりすると
それが自分の能力によるものだと過信し
傲慢(ごうまん)になり、往々にして人間のモラルは低下し
驕(おご)り高ぶって人を見下すようになってしまいます。
謙虚な気持ちを失うと
生きていることへ「感謝の気持ち」はなくなり
自分にとって耳の痛い言葉を受け入れる
「素直な心」もなくなってしまい
成長や進歩ができないどころか
いつしかメンバーからの協力も得られなくなります。
「自分は生かされている」
「現在は過去の努力の結果、未来はこれからの努力で決まる」
という謙虚さを身につけて
どんなに立派なことを成し遂げようとも
何事も身分相応であることです。

おわりに

考え方が変われば、行動が変わり
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わり
人格が変われば、運命が変わります。
〈William James〉

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
〈稲盛和夫〉

OWAU NO KA “I”